​若葉台地区社協(地区別計画)

第4期旭区地域福祉保健計画(期間:令和3年度から令和7年度)

「地域で支え合い 健康でしあわせな生活を送れるまち 旭区をつくろう」のもと、以下の3つ「目指す姿」を掲げています。

  • 誰もが、ともに生きるまち

地域には、子ども、障がい者、高齢者、外国籍の方、生活に困りごとを抱える方など、多様な人が生活しています。立場や背景を越えて様々な人が接点を持ち、お互いの違いを知り、受け止めあえるまちを目指します。

  • みんなが、声をかけあえるまち

より身近な地域や場面で交流を持ち、お互いを気にかけ見守り合い、困ったときに声を上げ、支え合えるまちを目指します。

  • ひとりひとりが、自分らしくいられるまち

それぞれの存在を尊重し、できることや得意なことで参加しながら、いきいきと暮らせるまちを目指します。

 

若葉台地区社協の取り組み

『困ったときに声をあげられる雰囲気のあるまちづくり 』

これが若葉台地区の未来図です。地域には価値観、考え方の違う人など、いろいろな人がいる。そして、いろいろなかかわり方がある。困ったときに声を上げ、それを受け止めることができる地域を目指しています。

以下の4つのテーマを掲げて取り組んでいます。

テーマ1 : 「見守り」

テーマ2 : 「参加のできる機会(活動の担い手、参加者)」

テーマ3 : 「居場所(出かける場)づくり」

テーマ4 : 「啓発」